中川家、吉本問題聞かれた“ゆりやんレトリィバァ”の反応称える「今後は大喜利みたいに…」

[ 2019年7月30日 16:48 ]

「中川家」の剛(左)と礼二
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「中川家」の剛(48)と礼二(47)が30日放送のニッポン放送「DAYS」(火曜後1・00)に生出演。吉本興業の騒動について取材に応じたピン芸人ゆりやんレトリィバァの反応を評価した。

 番組で礼二が「先週から引き続きいろいろありまして」と話を振ると剛は「何が?」と反応。礼二が「いや何がって」と続けると、剛は「何がって言ったほうが話しやすいでしょう」と吉本の話題に入った。

 礼二が「今は各劇場とかの前にマスコミの人がいますよね。吉本のことをどう思いますかとか、なにか言いたいことはないですか、とかね」と話すと、剛は「(上から)こっちに話が降りてきてないから、答えようがないんですよ」と応じた。

 礼二は「ホンマに申し訳ない。何か分かっていることがあったら、しゃべりたいんですが。それで、いろんな芸人さんが質問に答えてますけど、昨日からVTR流れてたのが、ゆりやんレトリィバァ。あれはホンマに笑ってしまいましたね」と、ゆりやんレトリィバァを話題に。

 ゆりやんは、先日テレビの直撃取材を受けた時に「子供の時から吉本に入るのが夢で、いま吉本に入らせていただいて…」と言葉に詰まり、ハンカチで目を覆い涙するかと思いきや、目がパッチリ二重になっていたというボケをかました。目が普段の状態に戻ると「何の意見もない人間で申し訳ありません」と答え、ネット上では「ゆりやん、涙の訴え(笑)」「直撃取材の対応、面白かった」「池乃めだか師匠や、ゆりやんの反応がプロ」「暗い話しの中、笑わせてくれてよかった」などの反響があった。

 中川家の2人も、ゆりやんの“ネタ”を称え、「面白いですねえ」と剛。礼二も「なんか、今後は取材受けるお笑い芸人の方も大喜利みたいになってくるんじゃないかと思ってきて。僕らも2回ぐらい直撃受けたんですけど、何も面白い言葉出てこなかった(笑)」と話して笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月30日のニュース