賀来賢人「今までで一番メール、LINEが来た」 「ライオン・キング」吹き替え版声優で大反響

[ 2019年7月30日 19:39 ]

映画「ライオン・キング」イベントに登場した(左から)門山葉子、賀来賢人、RIRI
Photo By スポニチ

 俳優の賀来賢人(30)が30日、大阪府吹田市のエキスポシティで開かれた映画「ライオン・キング」(8月9日公開)のイベントに出席した。

 日本語吹き替え版で主人公シンバの声を務めた。配役が発表された際、「12、3年この仕事をやってますが、今までで一番メールとかLINE(ライン)が来た」と周囲からの反響の大きさを告白。「作品、ディズニーの力!“楽しみ”という声をすごく頂いた」と感謝した。

 同席した門山葉子(24)も、ナラの声に決まり、「涙を流して喜んでくれる人もいた」と明かした。

 この日は、日本版オフォシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を担当した歌手のRIRI(19)が近大付高の生徒と同曲を熱唱した。「私も昨年、高校を卒業したばかり。仲間と部活をやっているような楽しい時間を過ごせた」と笑顔がはじけた。

 ジョン・ファヴロー監督から「若きビヨンセ」と絶賛されたRIRIの歌唱力には、賀来も脱帽。「いや~、ほんとに素晴らしい!自分が歌ってる気分になる。ボクもすごく歌がうまくなったような気持ちで一緒に歌ってた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月30日のニュース