×

ロッテと京成電鉄が朗希160キロで異色コラボ! プレゼント企画とビジョン演出

[ 2022年5月23日 13:00 ]

佐々木朗が160キロ以上を計測した際に映し出される「オリジナルビジョン演出」
Photo By 提供写真

 ロッテと京成電鉄は、ロッテ・佐々木朗希投手(20)が160キロの直球を武器に完全試合など大活躍していることから、共同で「160km/hプロジェクト」を開始することを23日、発表した。

 京成電鉄が運行する空港アクセス特急「京成スカイライナー」の最高速度も時速160キロで、5月27日阪神戦(ZOZOマリン)から本拠地で佐々木朗が160キロ以上を計測した際に、来場者プレゼント企画と「京成スカイライナー」オリジナルビジョン演出を実施する。

 ▽160km/hプロジェクト 5回終了までに160キロ以上を計測した佐々木朗の投球数を当選者数として、当日来場者の中から抽選で京成グループ共通優待券1万6000円分をプレゼントする。また、オリジナルビジョン演出として、佐々木朗が160キロを計測するたびに、京成スカイライナーがリボンビジョンを駆け抜ける演出を実施。また、自己最速164キロ以上を計測した際にはリボンビジョンでの演出に加えて、マリンビジョンでその投球の球速が表示された特別演出を実施する。

 京成電鉄の経営統括部広報・CSR担当者は「京成電鉄では、これまでも20年以上にわたり千葉ロッテマリーンズの試合に協賛した冠試合を開催し、地域の皆様と共に応援してまいりました。このたび、千葉ロッテマリーンズとの新たな取組として、160キロ超のストレートを武器に大活躍を見せている千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手と、在来線最速160キロを誇る京成スカイライナーがコラボすることで、相乗効果を生み出せるのではないかと考え、プロジェクトを開始しました。佐々木朗希投手や千葉ロッテマリーンズのさらなる活躍とともに、千葉県全体を盛り上げるような企画になることを願っております」とコメントしている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月23日のニュース