×

セ・パ交流戦あす24日いよいよ開幕 第1戦の予告先発投手発表! 昨季覇者オリは山岡、楽天はマー君

[ 2022年5月23日 15:07 ]

オリックス・山岡
Photo By スポニチ

 セ・パ両リーグのチーム同士がリーグの垣根を超えて対戦する「日本生命セ・パ交流戦」はあす5月24日にいよいよ開幕。6月12日まで計108試合が行われ、各地で熱戦が繰り広げられる。

 パ球団の主催試合のみ指名打者(DH)制を採用。また、勝率1位となった優勝チームには賞金3000万円、12球団で最も活躍した選手1名にはMVPとして賞金200万円、セ・パ両リーグの中から選手1名ずつに対して「日本生命賞」として賞金100万円が贈られる。

 2005年にスタートした交流戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で20年は開催中止となったものの、昨季から再開。昨季はセ・リーグが49勝48敗11分けと、わずか1勝差ながら2009年以来12年ぶり2度目となる勝ち越しを決めた。昨季は11年ぶりに交流戦優勝を果たしたオリックスがそのままパ・リーグを制し、25年ぶりのリーグ優勝を果たしている。優勝回数はソフトバンクの8度が最多で、巨人、ロッテ、オリックスが各2度、ヤクルトと日本ハムが1度ずつ優勝。DeNA、中日、阪神、広島、西武、楽天は初優勝が懸かる。

 交流戦開幕となる24日のカードと、各チームの予告先発投手は以下の通り。

 ▽巨人―オリックス(東京D)18時
 メルセデス―山岡泰輔

 ▽ヤクルト―日本ハム(神宮)18時
 サイスニード―加藤貴之

 ▽DeNA―ソフトバンク(横浜)18時
 今永昇太―石川柊太

 ▽中日―西武(バンテリンD)18時
 小笠原慎之介―佐藤隼輔

 ▽阪神―楽天(甲子園)18時
 西勇輝―田中将大

 ▽広島―ロッテ(マツダ)18時
 床田寛樹―石川歩

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月23日のニュース