ヤクルト・奥川、歓喜の輪に加われず? 目覚ましい進歩を遂げた2年目 “必勝ルーティン”で9勝

[ 2021年10月26日 22:51 ]

セ・リーグ   ヤクルト─DeNA ( 2021年10月26日    横浜 )

<D・ヤ25>優勝し歓喜するヤクルトナインの外で帽子を拾う奥川(右)(撮影・久冨木 修)      
Photo By スポニチ

 ヤクルトは26日、DeNAに5─1で勝ち、2位の阪神が中日に敗れたため、15年以来、6年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。前年最下位からの優勝は15年ヤクルト自身に次ぎ、のべ8度目で、2度目の達成はヤクルトが史上初となった。

 未来のエースの急成長がチームを優勝に導いたといっても過言ではない。チームトップタイの9勝を挙げている奥川泰伸投手(20)は4月8日の広島戦(神宮)で挙げたプロ初勝利から進化の1年を過ごし、2年目にしてリーグ優勝の原動力の一人となった。ナインが歓喜の輪を作る中、ナインの一人が落とした帽子を冷静に拾う姿もまた、奥川らしかった。記念撮影では満面の笑顔で写真に収まり、プロ2年目での初優勝の味をかみしめた。

 今季は開幕3戦目の先発に抜てきされた。「打たれても次に期待できるような姿を見せていきたい。見せていかないといけない」。強い決意を胸に秘め、腕を振り続けた。チーム方針で中10日以上の登板を重ねる中で着実に成長。登板日のキャッチボールは試合直前に限定して疲労を軽減し、ベストパフォーマンスが発揮できる体重も86キロと発見した。「(体重が)落ちやすい体質。気にして食べるようにした」と食事の量を調整しながらシーズンを乗り切った。

 初の中9日で起用された9月17日の巨人戦では7回1失点。指揮官の起用に応えチームの9連勝につなげた。抜群の制球力で53回2/3を連続無四球。クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を9試合連続でマークした。次なる戦い、CSでも奥川の存在は絶対に欠かせない。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月26日のニュース