中日・柳の最優秀防御率が確定 5年目の初タイトル 19、20年の大野雄に続き、チームで3年連続独占

[ 2021年10月26日 19:09 ]

セ・リーグ   阪神ー中日 ( 2021年10月26日    甲子園 )

中日・柳
Photo By スポニチ

 中日・柳が5年目で初タイトルとなる最優秀防御率獲得を決めた。今季最終戦となる26日の阪神戦(甲子園)でベンチから外れ、防御率2・20でタイトルが確定した。中日勢では19、20年の大野雄に続き、3年連続の同タイトル獲得となった。今季は先発の一角として26試合に登板して11勝6敗。168三振を奪い、最多奪三振のタイトルも確実となっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月26日のニュース