ロッテナインが楽天戦に向け、休日返上で調整 小島「後悔ないように」、女房役加藤「1点でも少なく」

[ 2021年10月26日 19:14 ]

練習のために球場入りする小島(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 残り3試合で優勝マジック「3」となっているロッテ・小島和哉投手は、27日の楽天戦(楽天生命)先発に向けて、敵地の室内練習場で休日返上の練習を行った。

 全日程を終了している首位オリックスを上回るためには、3連勝か2勝1分けが条件となるだけに、「後悔しないように1球1球を大事に投げたい」と力を込めた。

 3年目で自己最多となる10勝を挙げている。今月3日の楽天戦では完封もマークしている。首脳陣からも全幅の信頼を寄せられているが、10月12日のオリックス戦では7回まで完封ペースできながらも、8回に同点2ランを浴びた。

 試合後には悔し涙を浮かべるシーンもあった。浦和学院、早大では優勝を経験している左腕。「優勝を争うような舞台を目指して、プロ野球選手になった。幸せに思って投げたい」と悔し涙を力に変えたいところだ。

 女房役を務める加藤も「小島は最近楽天との相性がいい。なんで抑えられているのかをもう一度確認して、1点でも少なく守っていきたい」と左腕を盛り上げるようなリードを目指していく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月26日のニュース