巨人・野上が今季限りで引退へ 5月に痛めた右肩の状態上がらず…プロ通算1000投球回達成右腕

[ 2021年10月26日 05:31 ]

巨人・野上
Photo By スポニチ

 巨人・野上亮磨投手(34)が今季限りで現役を引退することが25日、分かった。19年秋の左アキレス腱断裂から復帰した今季は、605日ぶりに先発するなど計9試合に登板。完全復活と思われたが、5月19日に右肩の異常で離脱し、リハビリ生活が続いていた。

 西武時代の17年に自身最多タイの11勝を挙げ、同年オフにFAで巨人に移籍。その後は故障も重なり4年間で計5勝に終わった。2年ぶりに復帰した今季は全盛期のような躍動感あふれるフォームを取り戻し、丁寧にコースを突く投球も披露。故障前の最速と同じ146キロもマークし「感謝の気持ちを持ってマウンドに立った。気持ちを込めて、かみしめながら投げた」と語っていた。

 17年には元「モーニング娘。」の石川梨華との結婚でも話題となった。史上359人目のプロ通算1000投球回も達成した通算58勝右腕。懸命に右肩のリハビリにも取り組んできたが、患部の状態は上がらず、引退を決断した。近日中に球団から正式発表される。

 ◇野上 亮磨(のがみ・りょうま)1987年(昭62)6月15日生まれ、福岡県出身の34歳。神村学園3年時にセンバツ準優勝。日産自動車を経て08年ドラフト2位で西武入団。西武時代の13年と17年に11勝を挙げた。17年オフに巨人にFA移籍。通算254試合で58勝63敗4セーブ、防御率4.03。1メートル77、77キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月26日のニュース