日本ハム新監督最有力の新庄剛志氏 日本一からちょうど15年後に意味深ツイート「慌てない 慌てない」

[ 2021年10月26日 15:30 ]

新庄剛志氏
Photo By スポニチ

 日本ハムの来季監督として最有力候補に挙がっている球団OBの新庄剛志氏(49)が26日、自身のツイッターを更新。「慌てない 慌てない ひと休み ひと休み。」と記した。

 来季監督候補と報じられてから、新庄氏のSNSには「監督やるんですか?」などの声が殺到。その声に応えたものなのか、注目の発言となった。

 ファンからは「この発言の真意が気になります」「楽しみにしています」の声も。さらに、新庄氏が日本ハムに在籍した2006年の10月26日に、日本シリーズ第5戦で中日を下して日本一となったことを引き合いに「15年前の今日、日本一の夢を見せてくれてありがとう。15年後の今日、日本一の夢を抱かせてくれてありがとう」の声もあった。

 日本ハムは栗山英樹監督(60)が今季限りで退任。新庄氏が最有力候補となっている。また、GMには、東京五輪で侍ジャパンの監督を務め、チームを金メダルに導いた球団OBの稲葉篤紀氏(49)が就任する見通しとなっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月26日のニュース