西武ドラフト5位の八戸工大一・黒田、指名あいさつ受け「実感わいた」 1年目から1軍勝利を!

[ 2021年10月14日 18:12 ]

西武から指名あいさつを受けたドラフト5位・黒田(左から2人目)
Photo By 提供写真

 西武からドラフト5位指名された黒田将矢投手(17=八戸工大一)が14日、八戸市内の同校で指名あいさつを受けた。

 担当の水沢英樹編成グループ育成アマチュア担当から「数年後、ライオンズのローテーションに入れるよう期待している」と激励された黒田は「うれしい気持ちはもちろん、よりいっそう頑張らなければいけないと身が引き締まった」と話した。

 11日のドラフト会議当日は「指名されるか不安な気持ちが大きくて、とても緊張していた」という。5位での指名に「とてもうれしかった。今日、水沢さんにお会いしてプロ野球選手になるんだと実感がわいた」と笑顔で話した。

 身長1メートル88の大型右腕。「1年目の目標は1軍の舞台で先発登板して勝つことです」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース