楽天・石井監督 初サヨナラ勝ち!「ファイター」岡島の満塁劇打で首位と3・5ゲーム差

[ 2021年10月14日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―1ソフトバンク ( 2021年10月13日    楽天生命 )

<楽・ソ>9回1死満塁、岡島が右前打を放ち鈴木大から水を浴びせられる(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天・岡島が今季初のサヨナラ勝ちに導いた。1―1の9回1死満塁で、初球の146キロの直球を右前にはじき返した。サヨナラ打は自身3年ぶり6度目。石井監督にとっては就任後初のサヨナラ勝ちとなり「岡島はファイター。プロとして生きる道を磨いてきたから今がある。若い選手も参考にしてほしい」と賛辞を贈った。

 13年の日本一を経験し「あの経験があるから、今も縮こまらずにプレーできている」と岡島。首位とは3・5ゲーム差で逆転優勝にも望みをつなぎ「一つでも上の順位に行きたい」と頼もしく言い切った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース