投打の柱が離脱も「セイヤも出られるチャンスだし、全員でカバー」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年10月14日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-2巨人 ( 2021年10月13日    東京D )

<巨・神>2回1死一塁、木浪は右前打を放つ(投手・菅野)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【13日の阪神・矢野監督語録】

 ▼負けなかった そうなんだけど。うちは勝たないとダメな状況なんでね。その中でやれるのは引き分けしかなかったんでね。よう踏ん張ってくれたと思うけど、その一方で勝たないと。両方ある。

 ▼投打の柱が離脱 今までみんなようやってきてくれたし、年間の中でそういうことが出てきている状態なんでね。それは誰か1人で埋められない。逆に言うと、セイヤ(木浪)も出られるチャンスだし全員でカバーしたり、チームだけど、ライバルなんでね。そういうところも意識して、自分がどうやって出ていくかというのを考えてくれたらいいんじゃないかな。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月14日のニュース