広島・今村が戦力外 今季昇格なく「鉄仮面」の目に涙「純粋に楽しかったという思い出しかない」

[ 2021年10月14日 20:34 ]

戦力外通告を受け囲み取材に応じる広島・今村(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 広島は14日、今村投手猛(30)、中村恭平投手(32)、鈴木寛人投手(20)、行木俊投手(20)と育成の畝章真投手(26)、佐々木健投手(22)に来季の契約を結ばないことを通達した。行木は育成選手として再契約する方針。

 今村は、16年からのリーグ3連覇を勝ちパターンの一人として支えながら、19年27試合、20年6試合と登板機会が減り始め、今季12年目で初めて1軍登板がなかった。通達直後の取材対応では、目に涙を浮かべた。

 「覚悟していたことなんですけど、あまり実感がないというのが本音です。純粋に楽しかったという思い出しかないです」

 今後については「少し考えようかなと思います」と未定とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース