阪神 大山が「キリンビール ビッグボード賞」受賞 特大143メートル弾に「忘れることのできない1本」

[ 2021年10月14日 16:00 ]

キリンビールビッグボード賞を受賞した大山
Photo By スポニチ

 阪神の大山悠輔内野手(26)が14日、東京ドームで「キリンビール ビッグボード賞」の贈呈式に出席した。

 9月26日の巨人戦の3回2死で左翼席上部の「キリン一番搾り」の看板に直撃する推定143メートルの特大アーチ。賞金100万円と「キリン一番搾り」1年分を受け取った大山は「小さい時から、茨城出身なので東京ドームというところによく来てましたし、その球場で看板に当てれたのはすごく嬉しいですし、自分自身忘れることのできない1本になった」と振り返った。

 チームは逆転優勝へ1試合も落とせない状況。背中の張りで2試合連続欠場中の背番号3は「本当に残り試合少ないですし、チーム一丸となって、まだ試合が終わったわけではないので、頑張っていかないといけないので。その中で戦力になれるように今はしっかり頑張りたいと思います」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月14日のニュース