執念の虎 9回2死から板山、木浪の連続適時打で巨人を突き放す 半歩前進でヤクルトと2差

[ 2021年10月14日 21:10 ]

セ・リーグ   阪神3ー0巨人 ( 2021年10月14日    東京D )

<巨・神(25)> 9回1死一、二塁、阪神・板山は右越え適時打を放ちガッツポーズ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神が9回2死から板山、木浪の連続タイムリーで一挙3得点を奪い、逆転優勝への望みをつないだ。

 両軍無得点のまま迎えた9回。中野、近本の連打で無死一、二塁と好機を演出。マルテ、糸原は凡退に倒れたが、7回から途中出場した板山がビエイラの3球目を捉えて右翼フェンス直撃の適時二塁打。なおも2死二、三塁から今度は木浪が162キロ直球を捉えて左越2点適時打と一気にたたみかけた。

 投げては先発の高橋が7回1安打無失点の好投。8回は岩崎、9回はスアレスが無失点でつなぎ、東京ドームでの巨人戦は5月16日から2分けをはさんで5連勝フィニッシュとした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース