阪神・西勇が登録抹消 前日に右肘違和感で2回緊急降板

[ 2021年10月14日 16:04 ]

<巨・神>2回2死三塁、突然ベンチへ帰る西勇(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神の西勇輝投手(30)が14日、出場選手登録を抹消された。

 西勇は前日13日の巨人戦で、1―1で迎えた2回1死二、三塁から松原に二ゴロの間に2点目を失った直後、三塁側ベンチに右手を振るわせる仕草をみせながら、自らベンチへ直行。そのまま交代を告げられた。試合後、矢野監督が「(負傷の箇所は)肘かな。これから検査してみないとわからないけど、現状、すごい大きなところはないと思っているんだけど。病院に行かないとわからない部分が多い」と話していた。

 また、12日に初昇格したばかりの栄枝も登録抹消に。ルーキーの村上頌樹投手が、中継ぎ要員として1軍登録された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月14日のニュース