阪神・伊藤将 初救援でお見事3回零封「社会人とかでもやってきたので、不安とか戸惑いはなかった」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-2巨人 ( 2021年10月13日    東京D )

<巨・神>好リリーフをみせ、笑顔の伊藤将(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 チームの窮地をブルペン待機していた阪神ルーキーの伊藤将が救った。先発した西勇の緊急降板で序盤から継投を強いられる展開の中、3番手で3回を1安打無失点。登板21試合目でプロ初となる中継ぎでも、力を最大限に発揮した。

 「中(リリーフ)はあるかないか分からない状態の中でいくので、切り替えが難しかった。その中で3イニングをしっかり抑えられて良かったです」

 今週は先発での登板機会がないため、前日12日からベンチ入りして出番を待った。同点に追いついた直後の4回に登板すると3者凡退で発進。5回は先頭の菅野に中前打を許したが、松原を空振り三振。坂本は中飛に仕留め、丸を3球三振に斬った。6回も危なげなく3つのアウトを奪ってバトンタッチ。矢野監督も「初めてで難しいところもあったと思うけど、しっかり投げてくれた」と称えた。

 7日のDeNA戦では5回2失点(自責0)の力投も、リリーフ陣が逆転を許して9勝目は幻となった。それでも、気持ちを切り替え、難しいミッションを完璧に遂行。「社会人とかでも(救援は)やってきたので、不安とか戸惑いはなかった」と頼もしかった。

 「中でもしっかりと仕事ができることはアピールというか、できたかなと思います」。開幕から先発ローテーションの一角として8勝する新人左腕が見せた対応力。残り9試合のシーズン、そしてクライマックスシリーズから始まるポストシーズンへ向けても好材料となりそうだ。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月14日のニュース