中日・立浪新体制 OBの落合英二氏入閣が決定的、同じ69年生まれ、1軍投手コーチ有力

[ 2021年10月14日 05:31 ]

韓国サムスン2軍監督の落合英二氏

 立浪和義新監督の誕生が確実となっている中日の新体制に、球団OBの落合英二氏(52)の入閣が決定的なことが13日、分かった。現在は韓国・サムスンの2軍監督を務めているが、関係者によると、既にコーチとして古巣復帰を打診されており、受諾の意思を固めているという。

 立浪氏とは同じ69年生まれ。現役時代はともに中日の黄金時代を支え、深い信頼関係で結ばれている。引退後はロッテやサムスンで指導者としてのキャリアを積み、卓越した指導力には定評がある。1軍投手コーチのポストが用意されているとみられる。

 また、PL学園時代に立浪氏と同級生で元阪神ヘッドコーチの片岡篤史氏(52)の入閣も確実となっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース