広島 6投手に戦力外通告 リーグ3連覇の立役者の今村も… まだ30歳の鉄腕に非情通告

[ 2021年10月14日 15:09 ]

<広島>戦力外通告を受け囲み取材に応じる今村(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 広島は14日、今村猛投手(30)、中村恭平投手(32)、鈴木寛人投手(20)、行木俊投手(20)と育成の畝章真投手(26)、佐々木健投手(22)と来季の契約を結ばないことを通達した。行木は育成選手として再契約する方針。

 今村は、09年ドラフト1位で広島に入団。高卒2年目の11年に54試合に登板して頭角を現すと、翌12年には自己最多となる69試合登板とフル回転した。

 13年にはWBC日本代表に選出。16、17年と2年連続で60試合に登板して、中崎、ジャクソンらと勝利の方程式を形成。16年の日本シリーズでは全6試合に登板するなど、リーグ3連覇の立役者の一人となった。

 しかし、19年に27試合、昨季は6試合と登板機会は徐々に減少。今季は、ウエスタン・リーグで一岡に次ぐチーム2番目に多い36試合に登板しながら昇格機会がなかった。

 通算では431試合登板、21勝30敗36セーブ、防御率3・46だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース