【14日プロ野球見どころ】宮城VS朗希 M灯大一番で初の同学年対決!

[ 2021年10月14日 16:38 ]

キャッチボールで調整する佐々木朗(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 最大の注目は「M灯の一戦」オリックス―ロッテ戦だ。ロッテは2位ながら勝てばM9、引き分けでもM10が出る。首位・オリックスは勝って、3位の楽天が敗れればM7が点灯する。

 先発は中12日の宮城と中6日の佐々木朗。ともに2年目のドラフト1位腕だ。今季、宮城はロッテ戦4試合で1勝0敗。前回9月7日は5回3失点だった。佐々木朗のオリックス戦は0勝0敗。登板は8月15日の1度のみで5回2失点だった。負けられない2強最後の直接対決。白星をつかむのどちらか。

 オリックスの主砲・杉本は今季ロッテ戦で13本塁打。あと1本で69年に長池徳二がロッテ戦でマークした球団の同一シーズンのカード別本塁打記録を更新するがどうなるか。ラオウのバットにも注目したい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月14日のニュース