阪神・近本 シーズン58度目マルチで03年赤星に並んだ!2戦連続猛打賞「勝つためにできることを」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-2巨人 ( 2021年10月13日    東京D )

<巨・神>8回無死、近本は左前打を放つ(投手・中川)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 9月3日以来、今季2度目の3番で起用された阪神・近本が衰えない勝利への執念を見せた。初回、3回と2打席連続の中前打。3回には二盗にも成功して菅野にプレッシャーをかけ続けた。

 「何番でもやることは変わらない。自分ができることは塁に出ることなので、特に意識の変化はない」

 この日を含め菅野とは通算40打数16安打の打率・400。チームが苦手とする中で相性の良さを維持し、CSでの対戦に向けてもいいイメージを残した。

 8回には中川から左前打し2試合連続3安打。58度目の複数安打は03年赤星に並ぶ球団日本人の左打者では最多となった。打率も・3162で2位まで再浮上しトップの広島・鈴木誠(・319)に迫った。「苦しい状況は続くけど、勝つためにできることをやっていく」。安打を積み重ねることが相手の脅威となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月14日のニュース