ロッテ 前回マジック点灯は51年前の1970年 その年の出来事は…大阪万博、よど号ハイジャック事件

[ 2021年10月14日 22:26 ]

パ・リーグ   ロッテ6―1オリックス ( 2021年10月14日    京セラD )

1970年、大阪で開催された日本万国博覧会の会場入り口
Photo By スポニチ

 ロッテはオリックスとの直接対決を6―1で制し、このカード2勝1分けとして1970年以来51年ぶりとなる優勝マジック「9」を今季初点灯させた。現時点での最短優勝決定日は19日。

 51年前のロッテのマジック点灯は1970年9月5日。西鉄に逆転勝ちした。この試合のスタメンは(1)一塁・榎本喜八(2)中堅・池辺巌(3)右翼・ロペス(4)左翼・アルトマン(5)三塁・有藤通世(6)二塁・山崎裕之(7)捕手・醍醐猛夫(8)遊撃・飯塚佳寛(9)投手・木樽正明。勝ち投手は3番手の佐藤元彦。負け投手は西鉄の若きエース東尾修だった。この日セ・リーグでは首位・巨人が柴田勲らの活躍でヤクルトに勝ち7連勝。2位・大洋は平松政次が中日を完封。21勝目を挙げた。

 ちなみにロッテのマジック点灯を伝えたスポニチの9月6日付東京版1面は「加山雄三結婚」女優・松本めぐみと(日本時間5日午前)ロスで挙式したことを伝えている。

 ≪1970年(昭和45年)の世相≫ 日本万国博覧会(大阪万博)の開幕や日本航空機よど号ハイジャック事件発生、アポロ13号打ち上げがあった年。ボウリング・ブームに沸き、ケンタッキー・フライド・チキンの1号店が名古屋にオープン。ノーブラ旋風が起き、レイヤードファッションやスケスケルック、ヘアーピースやロングヘアーが流行。デザイナーブランドものの全盛時代でもあった。トヨタ自動車の「セリカ」や花王のシャンプー「メリット」が大ヒットし、カプリチョコレート(グリコ)やアルファベットチョコレート(名糖)が発売された。流行語は「ウーマン・リブ」「三無主義」「しらける」「鼻血ブー」など。この年にヒットした曲は「黒ネコのタンゴ(皆川おさむ)」「ドリフのズンドコ節(ザ・ドリフターズ)」などで、アニメでは「あしたのジョー」が人気を博した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月14日のニュース