大谷翔平 右手親指の負傷後初のブルペン投球 指揮官、次回登板は「5日か6日になるだろう」

[ 2021年8月3日 08:21 ]

<レンジャーズ・エンゼルス>試合前、ブルペンで投球練習する大谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は2日(日本時間3日)、レンジャーズの本拠地グローブライブ・フィールドで右手親指の負傷後初めてブルペン投球を行った。変化球を交え22球、ほぼ全力で投げ込んだ。

 ジョー・マドン監督は試合前のオンライン会見で「ブルペンの感じは良かった。(先発は)水曜日(4日・同5日)か木曜日(5日・同6日)になるだろう」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月3日のニュース