同点適時打の阪神・山本 「少ない打席の中で結果を出していかないと」

[ 2021年8月3日 22:20 ]

エキシビションマッチ   阪神2-2オリックス ( 2021年8月3日    京セラドーム大阪 )

<オ・神>9回2死満塁、同点の2点適時打を放つ山本(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 土壇場9回に同点打を放ったのは7回の守備から途中出場の山本だった。0―2の9回1死満塁で初打席がまわり、1ボール2ストライクから張奕のフォークを右翼前にはじき返す2点適時打。「チャンスでつないでくれたので、なんとか還そうという気持ちと。集中して初球から振れていけたので、それが結果につながったのかなと思います」とうなずいた。

 巨人から移籍してきた内野手は今季ここまで45試合に出場して打率・194、3打点。「少ない打席の中で僕は結果を出していかないといけない。1球も無駄にしないような準備をこのエキシビジョンから集中して、いい形でもう一回シーズン開幕できるように」。後半戦も欠かせない戦力となるべく、準備を続ける。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月3日のニュース