稲葉監督誕生会で青柳が“主役”奪う?ノリノリ美声にナイン爆笑、ファンほっこり「お元気そうで何より」

[ 2021年8月3日 19:55 ]

サプライズで用意された誕生日ケーキを前に、笑顔の稲葉監督(NPBエンタープライズ提供)
Photo By 提供写真

 東京五輪で準決勝進出を決めた野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が3日、49歳の誕生日を迎え、サプライズ誕生会で選手、関係者から盛大な祝福を受けた。

 侍ジャパンの公式ツイッターは「本日8月3日は稲葉篤紀監督の49歳の誕生日。首脳陣、選手、スタッフたちと誕生日会を開催しました」として、その様子を映した動画をアップ。選手を代表して広島・菊池涼介内野手(31)が赤の“勝負パンツ”を手渡しすると、稲葉監督は「これ、決勝戦ではかせていただきます」と笑顔で受け取った。そして、菊池の横に並んだ阪神の青柳晃洋投手(27)はマイクを握って「では、皆さん、ご一緒に!」と陣頭指揮を執って「ハッピーバースデー」を歌い上げ、会場は選手たちの楽しそうな笑い声に包まれた。

 青柳は1次リーグA組初戦のドミニカ共和国戦(7月28日、福島あづま)で0―0で迎えた7回に2番手として登板し、2/3回で2失点。前日2日の準々決勝・米国戦(横浜)では3―3で迎えた5回に3番手として登板し、勝ち越し3ランを許すなどここまで2試合で1回2/3を投げて5失点と苦しいマウンドが続いている。だが、侍ジャパンの先頭に立ってノリノリで「ハッピーバースデー」を歌い上げる姿に稲葉監督もナインも笑顔、笑顔…。

 フォロワーの野球ファンたちからは稲葉監督の誕生日を祝福する声以上に?「青柳さんww」「青柳さん、歌上手い」「青柳さんの初めて見る一面」「青柳さんが元気そうでよかった」「青柳さんサイコー」「青柳さん次はたのんますよ」「みんないい仲間ですねー」「青柳さんに歌わせたのあの人しか思いつかないけど、青柳さんがお元気そうで何よりです」「お菊さんがしょげてんなよーって弄ってくれたかな?」などと喜ぶ声が多数上がり、指揮官からすっかり主役を奪っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月3日のニュース