ソフトバンク・武田、ローテ生き残りへ巨人戦先陣「結果も大事になってくる」

[ 2021年8月3日 05:30 ]

キャッチボールで調整する武田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは3日からペイペイドームで巨人とのエキシビションマッチ3連戦を戦う。先発ローテーション争いが笠谷、スチュワートの参戦で激化中で、先陣を切る武田は「結果も大事になってくる」と生き残りへ気を引き締めた。

 2日にペイペイドームで調整した武田は約3週間ぶりの実戦登板へ向け「緊張すると思う。気持ちと体のコンディションを気にしながら腕をしっかり振ることが第一段階。しっかりゾーンで勝負できたら」とイメージを膨らませた。前半戦終了後は徹底的に体を追い込んだ。走り込み、ウエートトレーニングの量を増やし、「後半戦に向けて体を鍛え直した。トレーニング量が一番増えたのできつかった」。前半戦は12試合に先発し、4勝5敗ながら防御率2・68と安定していたが、油断はない。

 先発の有力候補は和田、東浜、レイの実績組、東京五輪に出場している千賀、マルティネスがいる。7月28日までのDeNA戦では笠谷、スチュワートがアピールし、近日中に再テストが予定されている。巨人との3連戦では前半戦で中継ぎに配置転換された石川も登板予定。石川はこの日、マウンドにベースを置いて投球する独自の練習を行うなど巻き返しに必死だった。高村投手コーチは「競争なのでチャンスをつかみ取るかどうか」と奮起を促した。

 “サバイバル・マッチ”は10日の広島戦まで残り5試合。登板する機会は限られるだけに、武田は「全球種を試しながら臨機応変にやっていけたら」と静かに闘志を燃やした。(福井 亮太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月3日のニュース