楽天・則本昂 同郷の競泳・大橋2冠に「身近に感じたし、凄いなと」五輪選手から刺激

[ 2021年8月3日 05:30 ]

先発投手練習で登板前日の調整を行う楽天・則本昂
Photo By スポニチ

 楽天の則本昂が、東京五輪に出場する全てのアスリートから活力を受けている。

 自国開催の祭典はさまざまな競技をテレビで観戦。フェンシング男子エペ団体の金メダルは「興奮した」と振り返り、競泳女子個人メドレー2冠の大橋悠依は同じ滋賀県出身で「身近に感じたし、凄いなと」と大きな刺激を受けた。

 侍ジャパンで日の丸を背負った経験もある。「代表選手には良い結果を残してほしい」。自身は先発予定の3日のヤクルト戦から、後半戦に向けて再始動する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月3日のニュース