侍守護神・栗林が劇勝呼ぶ10回タイブレーク零封!「どんな場面でもいく準備はしていた」

[ 2021年8月3日 05:30 ]

東京五輪第11日 野球準々決勝   日本7ー6米国(タイブレーク延長10回) ( 2021年8月2日    横浜 )

<日本・米国>10回、タイブレーク最初のイニングを無失点で切り抜けた栗林(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 わずかな失投が敗戦に直結するタイブレーク。延長10回のマウンドに上がったのは、栗林だ。無死一、二塁からのスタートで「社会人時代も投げた記憶はない」と言うが、ルーキーは冷静だった。

 「1球目はバントもあるかなと思ったけど、なかったので、その時点で三振を狙いにいきました。どんな場面でもいく準備はしていた」。メジャー通算218本塁打の先頭フレージャーをフォークで空振り三振に仕留めると、ガッツポーズ。続くフィリアには初球カーブで緩急を織り交ぜて、フォークで二ゴロ。2死一、三塁から最後はコロズバリを外角直球で左飛に打ち取った。初戦のドミニカ共和国戦に続き、大会2勝目だ。

 この舞台のために磨き上げた「宝刀」がカーブだった。縦に大きく曲がる緩い変化球は外国人打者に効果的で、名城大3年の大学ジャパン選出を機に習得した得意球。「大学ジャパンの経験が今に生きている」。全12球のうちカーブは1球だけだったが、その1球は信念がこもっていた。

 手放しかけた主導権を手繰り寄せたのは千賀だ。「1点差に詰め寄ったところだったし、絶対にゼロで抑えるという気持ちだった」。5―6とした6回に五輪初登板すると、先頭アレンをフォークで仕留めるなど圧巻の3者連続空振り三振。回をまたいだ7回は安打と四球などで2死一、二塁を背負ったが、最後はコロズバリをフォークで空振り三振に斬った。故障で今季1軍登板はわずか2試合ながら、稲葉監督が「切り札」として招集した男が2回無失点、5奪三振で結果を出した。

 侍の守護神を務める強心臓ルーキー・栗林と復活の兆しを見せた千賀。準決勝以降でも救援陣の重要なピースとなる。(湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月3日のニュース