侍の友情!坂本がマー君救う一撃 黒星消した同点二塁打 3戦で打率4割超え

[ 2021年8月3日 05:30 ]

東京五輪第11日 野球準々決勝   日本7-6米国(タイブレーク延長10回) ( 2021年8月2日    横浜 )

<日本・米国>4回2死二塁、同点適時二塁打を放ち、ガッツポーズの坂本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの坂本が田中将とチームを救った。2安打して迎えた4回。2死二塁から左翼フェンス直撃の同点の適時二塁打。小、中学校の同級生で、小学生時代に所属した「昆陽里(こやのさと)タイガース」ではバッテリーを組んでいた田中将の黒星を消し、試合も振り出しに戻した。

 3試合を終えて打率.429と好調。「アメリカが強いのは共通の認識があった。簡単には勝たせてくれないなと思いながら試合をしていました」と振り返った。

 ▼浅村(2安打2四球。9回は1死一塁から同点へつなげる右前打)9回は誠也がいい四球で出てくれたので、何とかつなぎたいと思っていた。

 ▼村上(3打数無安打で途中交代)勝って良かった。ホッとしています。しっかり反省はして、また前を向いてやっていきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月3日のニュース