関東第一152キロ右腕の夏が終わった 市川8回5失点 7回の失投捉えられて3失点

[ 2021年8月3日 05:30 ]

全国高校野球選手権東東京大会決勝   関東第一1-5二松学舎大付 ( 2021年8月2日    東京D )

<関東一・二松学舎大附>決勝で敗れて涙を流す関東一・市川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 関東第一の最速152キロ右腕・市川祐(たすく=3年)は8回を9安打5失点で降板。0―1で迎えた7回に3失点し「失投をしっかり捉えられた」と肩を落とした。

 今秋のドラフト候補に挙がる1メートル84の大型右腕は、注目の集まる進路について「(米沢貴光監督と)話し合って決めたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月3日のニュース