チーム打撃に徹した侍・柳田 叩き付けた内野ゴロで同点呼び「当てにいった。みんなの力で勝てた」

[ 2021年8月3日 05:30 ]

東京五輪第11日 野球準々決勝   日本7ー6米国(タイブレーク延長10回) ( 2021年8月2日    横浜 )

<日本・米国>侍ジャパンの勝利に貢献した柳田(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 柳田がチーム打撃に徹し、同点につなげた。5―6で後のない9回1死一、三塁。ヤクルトでも守護神を務めるマクガフから高いバウンドの二ゴロを放ち、三塁走者の鈴木誠が生還を果たした。「追い込まれる前に、前に飛ばしたいなと。当てにいった」。確実に1点を奪うことを意識し「チーム一丸というか、そういうみんなの力で勝てた」と、おのおのが役割を果たした勝利を喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月3日のニュース