清原和博氏 韓国との準決勝へ挑む侍ジャパンにエール「日本で開催の野球、全勝優勝してほしいです、必ず」

[ 2021年8月3日 16:07 ]

TBS系「ゴゴスマ」に出演した清原和博氏
Photo By 提供写真

 元プロ野球選手の清原和博氏(53)が3日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)にリモート出演。5日に韓国と準決勝で対決する侍ジャパンに「日本で開催の野球、全勝優勝してほしいです、必ず」とエールを送った。

 侍ジャパンは前日2日に行われた東京五輪野球準々決勝・米国戦(横浜)で9回に1点差を追いつき、タイブレークとなった延長10回に劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

 4日に韓国と準決勝で対戦する。前日の米国戦のほか、初戦のドミニカ共和国戦でもサヨナラ勝ちを収めており、清原氏は「これでサヨナラゲームを2つやっている」とチームが勢いづいていることに触れつつ、「韓国戦ですね。アメリカ、韓国はどうしても戦わないといけない相手」と気合を入れた。

 韓国チームの注目選手として、「その2人が韓国打線を引っ張ってますね」と“韓国の大谷”とされている姜白虎(カン・ベクホ)、元中日の李鐘範(イ・ジョンボム)の息子・李政厚(イ・ジョンフ)の2人を挙げた。

 「日本で開催の野球、全勝優勝してほしいです、必ず」とゲキを飛ばし、「きょう1日はとにかくリラックスして体を休めて、ぜひ韓国戦に備えてほしい」と侍ジャパンにエールを送った。

 清原氏は6日にも同番組への出演を予定している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月3日のニュース