西武・呉念庭 辻監督の喝に「発奮」アーチ「いい形で打つことできて良かった」

[ 2021年8月3日 19:30 ]

エキシビションマッチ   西武ー広島 ( 2021年8月3日    マツダ )

<エキシビションマッチ 広・西>2回無死、西武・呉は右越えにソロ本塁打を放ちナインに迎えられる (撮影・奥 調)
Photo By 提供写真

 西武の呉念庭(ウーネンティン)内野手(28)が、辻監督の喝に「一発回答」だ。1点を先制された直後の2回、先頭の山川に続いて大瀬良から2者連続アーチ。右翼席ギリギリに飛び込む一発に「上手く身体を回転して打つことができた。最近、あまりいい打撃ができていなかったので、いい形で打つことができて良かったです」と喜んだ。

 ここまで、チームはエキシビションマッチ5戦全敗。呉も打率・158と振るわず、1日の阪神戦後、辻監督は「ネンティンもパッとしない。(7月26日に再来日し、隔離期間中の)スパンジーも遅れるわけだから、目の色を変えてくれないと。(2軍選手との)入れ替えも考えないといけない」と厳しい言葉を並べていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月3日のニュース