ロッテ・朗希 14日1軍合流 16日ライバル・奥川と同日先発へ

[ 2021年5月14日 05:30 ]

16日に先発としてプロ発動版する佐々木朗
Photo By スポニチ

 ロッテの高卒2年目右腕・佐々木朗希投手(19)が、きょう14日から1軍に合流する。16日の西武戦(ZOZOマリン)で先発としてプロ初登板することが決定的で、井口資仁監督(46)は「100球以内」をメドに登板させる方針を示した。高校日本代表でチームメートだった同期のヤクルト・奥川恭伸投手(20)も先発予定で、「同日白星」の期待も高まる。

 井口監督は佐々木朗のデビュー戦について「金曜日(14日)に合流するので、ブルペンで調整すると思います。いつ投げるとは言いませんが…ハッハッハッ~」と笑った。登板日こそ発表しなかったが「普通に考えたら、何曜日に投げるか分かると思います」とも言った。最速163キロを誇り「令和の怪物」と呼ばれる19歳は登板2日前に投球練習を行い、日曜日の16日西武戦でマウンドに立つ。

 2軍では5試合に登板し、1勝0敗、防御率0.45。球数は段階的に増やし、前回8日のイースタン・リーグ、楽天戦での85球が最多だ。デビュー戦も投球回数でなく、球数が目安となる。指揮官は「どれくらいのイニングになるか分からないが、前回の球数を考えると、100球以内になる」と明かした。

 それでも5回以上を投げ、プロ初勝利を挙げることは十分に可能だ。2軍では計20回でわずか5四死球。150キロ超の直球を8割程度の力で投げてしまうから、制球力は高い。1イニング平均に換算すると、13.55球で7回を投げられる計算。レベルの高い1軍でしかも西武の強力打線が相手だが、佐々木朗なら怪物ぶりを発揮できる。

 井口監督はデビュー戦までの秘話も明かした。これまでも「ゴールデンウイーク明けのプランもある」と語っていたが、「開幕前から決まっていた日程だった。朗希がしっかりと仕上げてくれた。とても楽しみです」と最短日程でプログラムを消化できたという。

 運命の巡り合わせか。16日は大船渡3年時に高校日本代表でU18W杯をともに戦ったヤクルト・奥川も中日戦(バンテリンドーム)で2勝目を懸けて先発する。プロ入りした際にライバル宣言し「この学年で一番いい投手だと思う。勝てるように頑張りたい」と誓った。初勝利こそ先を越されたが、ここから追いつき、追い越せるように、まずはプロとして第一歩を踏み出す。(横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月14日のニュース