奪三振リーグトップ楽天・早川VSリーグ最少三振オリ・吉田正が16日激突

[ 2021年5月14日 05:30 ]

楽天・早川
Photo By スポニチ

 ドラフト1位左腕・早川が16日のオリックス戦で「ほこ×たて」対決に挑む。奪三振率9・21はリーグトップ。一方、相手の主砲・吉田正はリーグ最少の4三振と驚異的な数字を誇る。

 最も三振を奪う投手と、最も三振をしない打者の激突。4月4日の初対戦では一発を含む2安打を浴び、プロ初黒星と洗礼を浴びた。「ボール球でも、打てると思った球には反応してくる。危ないボール球もあるというのを認識した上で投げたい」と雪辱を期した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月14日のニュース