中日・ガーバー チャンスで2打席連続3球三振「日本に慣れて対応できるよう毎日やっている」

[ 2021年5月14日 22:01 ]

セ・リーグ   中日1-4ヤクルト ( 2021年5月14日    バンテリンD )

<中・ヤ(6)>2回1死一、二塁、ガーバーは空振り三振に倒れガックリ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の新外国人・ガーバーは2試合連続安打を放ったものの、走者を置いた場面で2打席連続三振と期待に応えられなかった。

 3回1死一、二塁の第2打席は、相手先発・金久保が負傷降板し、急きょ登板した今野に3球三振。5回無死一塁も梅野の直球に対応できず3球三振と精彩を欠いた。

 「日本で初めてのシーズンでどんどん新しい投手と対戦するので、それに慣れて対応できるように毎日やっている」とガーバー。

 7回に先頭で中前打を放ったものの打率はいまだ・159と低迷が続くだけに「もっともっと続けて打てるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 パウエル打撃コーチは「日本の野球に慣れるまで、もう少し時間がかかると思うが、早く慣れてもらって自分の本来のバッティングができることを期待している」と信じた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月14日のニュース