オリックス・宗 きょうも頼もしい!先制適時打 5月は11試合中、8試合で安打マーク

[ 2021年5月14日 18:57 ]

パ・リーグ   オリックスー楽天 ( 2021年5月14日    ほっともっと神戸 )

<オ・楽(6)>2回2死一塁、宗佑磨は右線適時三塁打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・宗佑磨外野手(24)が先制点を叩き出し、チームを勢い付けた。

 初回無死二塁、楽天先発・涌井の投じた初球のシンカーを叩き、右翼線に先制二塁打。「得点圏に走者もいましたし、何とか先に点を取れるように、つなぎの意識を持って打席に入りました。先制につながるヒットになってよかったです」とコメントした。

 5月はここまで全11試合に出場し、8試合で安打を記録するなど、高いレベルで好調を維持。3―0の2回2死一塁でも一塁線を破る適時三塁打を放つなど、勝負強さを見せつけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月14日のニュース