阪神・青柳 巨人に雪辱星!「ずっと勝てていなかった。やっと勝てた」 敵地お立ち台で虎党歓喜

[ 2021年5月14日 22:05 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2021年5月14日    東京D )

<巨・神(7)> ヒーローインタビューで笑顔がこぼれる青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 7回1失点の好投で自身1カ月ぶりの今季3勝目を挙げた阪神・青柳は、試合後のヒーローインタビューで「僕自身、巨人にずっと勝てていなかったんで、やっと勝てました。試合前から岡本にはしっかりやり返したい気持ちで臨んでいた。1本犠牲フライを打たれたけど、しっかり投げられてよかった」と敵地の虎党を喜ばせた。

 宿敵巨人には昨年8月20日から4連敗中だった。今季初対戦だった先月21日には、岡本に2発を浴びるなど6回9安打3失点で今シーズン初黒星。リベンジに燃える思いは強かっただけに、勝ち星の嬉しさもひとしおだった。登板6試合連続でクオリティー・スタート(6投球回以上、自責点3以下)を記録し、防御率は2・00。ローテーションを支える変則右腕を矢野監督も「調子はね。すごくいい感じではなかったけど、攻める気持ちとランナー出してから丁寧にというのは梅野と合わせてよくやってくれた」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月14日のニュース