ヤクルト・内川、2軍戦で実戦復帰いきなり2安打 高津監督、1軍昇格は「しっかりいい状態で」

[ 2021年5月14日 22:59 ]

ヤクルト・内川
Photo By スポニチ

 上半身の張りで2軍調整していたヤクルト・内川聖一内野手(38)が14日、イースタン・リーグのDeNA戦(横須賀)で実戦復帰した。

 5番・DHで出場。4回に右翼へ適時二塁打を放つなど3打数2安打1打点だった。高津監督は「次は守備について。状態を見てからになる。今回はしっかりいい状態で(1軍に)上げてあげたいと思う」と話した。

 内川は3月31日に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に認定された。14日間の自宅待機期間を経て、4月16日の阪神戦から1軍復帰も、同19日に出場選手登録を抹消されていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月14日のニュース