阪神 今季初昇格の小幡「いつ呼ばれてもいいようにずっと準備してきた」

[ 2021年5月14日 17:15 ]

1軍に合流した小幡(左)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の高卒3年目・小幡竜平内野手(20)が14日、木浪との入れ替わりで今季初めて出場選手登録された。昨季は1軍54試合に出場し、今季も春季キャンプを1軍で過ごした期待の若武者は、首位を走るチームの力となるべく、力を込めた。

 「いつ呼ばれてもいいようにずっと準備してきたので、使っていただいたところでしっかり貢献できるように、思い切りよくプレーしていきます」

 小幡は今季ここまでウエスタン・リーグで33試合に出場し、リーグ4位の打率・288。同トップの7盗塁をマークしている。試合前練習では二、三塁でノックを受けるなど精力的に体を動かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月14日のニュース