ロッテがレアードの劇的同点2ランで首位・楽天に肉薄 井口監督は「逆転したかった」

[ 2021年5月14日 21:20 ]

パ・リーグ   ロッテ4―4西武 ( 2021年5月14日    ZOZOマリン )

<ロ・西>9回1死二塁からレアードは同点2ラン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 レアードの3戦4発目となる7号2ランで土壇場で引き分けに持ち込んだ。2―4の9回1死二塁で、ギャレットから左越えの特大弾。寿司を握るパフォーマンスで喜んだレアードは「何とか追いつこうという気持ち。ランナーが出てくれたので打ちたかった」と興奮気味に話した。

 最後は2死二、三塁とサヨナラ好機もあと1歩及ばず、井口監督は「逆転したかったんですけどね。(レアードは)状態がいい」と振り返った。これで最近4戦2勝2分け。首位・楽天まで0・5ゲーム差と詰め寄った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月14日のニュース