明治安田生命が2連勝 ルーキー石毛、初登板初勝利も笑顔なし「こんなんじゃダメ」

[ 2021年3月10日 14:25 ]

第75東京スポニチ大会第2日 予選リーグC組   明治安田生命(2勝)12―9東芝(2敗) ( 2021年3月10日    岩槻 )

<明治安田生命・東芝>東芝戦で好投する明治安田生命・石毛(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 最後までもつれた試合は明治安田生命が東芝を振り切り、2連勝となった。

 先発したルーキー石毛が5回まで1安打1失点と好投。しかし6回に突然崩れ試合をもつれさせた。明大時代はほとんどが中継ぎで先発は2年春の1回のみ。経験不足も顔を出した。「5回にグラウンド整備、6回表に7点も取ってもらって間隔が空きすぎました。こんなんじゃダメなんですけど、いい経験になりました」と初登板初勝利にも笑顔はなし。

 成島広男監督は「良かったんじゃないですか。いい投手になってくれると思いますよ」と今月で退任する指揮官は今後の成長を期待していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月10日のニュース