巨人・岡本の「天井打」に札幌ドームどよめき 直後に打線繋がり5回に一挙5点の大量得点

[ 2021年3月6日 20:00 ]

オープン戦   日本ハム―巨人 ( 2021年3月6日    札幌D )

<日・巨>5回1死二、三塁、岡本和の打球が天井に当たり、打球を追いかける野村(手前)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和真内野手(24)の一打が、有観客の札幌ドームをどよめかせた。

 1点リードの5回に2点を奪って、さらに1死二、三塁。岡本が福田の140キロ直球を打ち上げると打球はグングン伸びて、球場の高い天井に直撃して落下した。放物線の軌道が急激に変わり、慌てて日本ハム内野陣は打球を追ったが追いつくことができず。打球は三塁線のわずか左側のファウルゾーンに落ちた。

 岡本は結局、四球を選んでチャンスを拡大して、続く丸が右犠飛を放って加点。さらにウィーラーが右中間2点二塁打を放って、この回一挙5点を奪った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース