ロッテ 今季本拠地初戦で二木&美馬が無失点投球 開幕へ仕上がり順調

[ 2021年3月6日 15:24 ]

オープン戦   ロッテ―西武 ( 2021年3月6日    ZOZOマリン )

<オープン戦 ロ・西>観客を背に力投する二木(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテ・二木康太投手が先発し、3回4安打無失点と好投。また、2番手で4回から登板した美馬学投手も3回無安打無失点と完璧な投球を見せた。両右腕とも開幕カードのソフトバンク戦で登板する見込みで、ここまで順調な仕上がりを見せた。

 ▼二木 今年初めての先発でしっかりと投げれたのは良かったです。結果は無失点で終われましたけど内容はまだまだ納得のいくボールも多いわけではなかったのでしっかりとやっていきたいなと思います。

 ▼美馬 久しぶりのZOZOマリンで、マウンドが固いっていうのもあって最初はボールが高めにふけたりということもありましたが、なんとか最後は良い球も出ていた。変化球は前回空振りが取れなかったのですが、今回は取れたのでそれが一番良かったかなと思います。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース