巨人ドラ5・秋広 4打席連続三振後にオープン戦初安打 日本ハム戦に9番・一塁で先発出場

[ 2021年3月6日 19:38 ]

オープン戦   巨人ー日本ハム ( 2021年3月6日    札幌D )

<日・巨>初回、四球で出塁した西川(左)は秋広(右)の背の高さに上を見上げる(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト5位ルーキー、秋広優人内野手(18=二松学舎大付)が6日の日本ハム戦(札幌ドーム)でオープン戦初安打を放った。

 秋広は「9番・一塁」で先発出場。3回、日本ハムの先発・吉田から第1打席はフォークで空振り三振。これで3日のヤクルトとのオープン戦から4打席連続三振となった。

 しかし第2打席、5回無死二塁のカウント2ストライク3ボールからストレートを右前打に弾き返し、オープン戦初安打を記録した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース