中日・根尾 涌井&マー君相手に3の0…「球界を代表する投手」と対決もアピールならず

[ 2021年3月6日 16:45 ]

オープン戦   中日―楽天 ( 2021年3月6日    バンテリンドーム )

<中・楽>2回2死満塁、根尾は二ゴロに倒れ、苦笑いを浮かべる(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾は涌井、田中将に3打数無安打。2人合わせて321勝のエース級から快音を響かすことができなかった。

 2回の第1打席は2死満塁の先制機で涌井と対戦し、二ゴロ。

 5回1死無走者では2番手・田中将と対決も二ゴロ。7回無死二塁の好機もスプリットを沈められ空振り三振に終わった。

 「お二方とも球界を代表する投手。ただ、自分で相手を持ち上げすぎないように」と意気込んでいたが、Hランプを灯せず。「打ったら評価が上がる」と話した一戦でのアピール成功とはならなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース