西武 メットライフドーム新「Lビジョン」お目見え さらに鮮明に

[ 2021年3月6日 12:48 ]

 旧ビジョンの2倍の大きさがある新たな「Lビジョン」(提供写真)
Photo By 提供写真

 西武ライオンズ40周年記念事業である「メットライフドームエリア改修計画」に伴う工事で、新たな「Lビジョン」がお目見えした。

 バックスクリーンにある大型ビジョンで、大きさは高さ13・056メートル、横幅46・080メートルで旧ビジョンの約2倍。旧ビジョンのLEDパネルを全てはがすなどして、約3カ月かけて完成した。

 迫力満点のダイナミックなライブ映像やCG映像だけでなく、選手の詳細な情報の表示も可能に。球団関係者は「旧Lビジョンが完成した2008年。その年の開幕戦を見に行った時にビジョン1つで球場の雰囲気が大きく変わったと感じたことを思い出しました。今回の改修で画面がさらに鮮明になるので、きっと幅広い層のファンの皆さまに喜んでいただけるものと確信しております」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース