巨人・高木、自身2度目の支配下昇格 新人時代と同じ背番号「57」で再出発

[ 2021年3月6日 05:30 ]

背番号57で支配下に昇格した高木
Photo By スポニチ

 巨人は5日、育成選手の高木京介投手(31)と支配下選手契約を結んだと発表した。高木は球団を通じ「また1軍のマウンドに立てることをうれしく思う。これから精いっぱい1軍で頑張っていきます」とコメントした。

 左股関節の故障などで、昨季終了後、育成契約となった左腕。横手左腕の大江の離脱、先発、中継ぎで重宝した田口のトレード移籍、昨季の守護神・デラロサの左足小指骨折など、中継ぎ陣が手薄な状況で自身2度目の育成選手からの昇格となった。新人当時の背番号「57」で再出発する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース