阪神 投打ガッチリ2連勝発進!ソフトB相手に11安打

[ 2021年3月6日 17:26 ]

オープン戦   ソフトバンク1―3阪神 ( 2021年3月6日    ペイペイドーム )

<オープン戦 ソ・神>6回2死、サンズは中前打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神がオープン戦を2連勝スタートした。4回に大山とサンズの2者連続弾で2点を先制すると、6回は2死からサンズと北條の連打で1点を追加した。打線は11安打と調子は上向きだ。

 投げても青柳が4回無失点、ドラフト2位の伊藤将が3回1失点、同8位の石井大、加治屋とつなぎ4年連続日本一のソフトバンク打線の反撃を封じた。

 注目のドラフト1位・佐藤輝は2番・左翼で出場し、初回に左前打したがその後は2三振するなど4打数1安打だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月6日のニュース