ヤクルト・奥川 充実の秋!6回無失点 高津監督が来春1軍キャンプスタート示唆

[ 2020年11月28日 05:30 ]

みやざきフェニックスリーグ   ヤクルト4-0阪神 ( 2020年11月27日    都城 )

<神・ヤ>6回無失点だった先発・奥川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高津監督が、来季2年目の奥川について、来年2月の春季キャンプの1軍スタートを示唆した。「普通にいけばそう(1軍に)なるだろうね。ファームからスタートする理由はないね」と方針を明かした。

 今季最終戦となった10日の広島戦で1軍デビュー。3回途中9安打5失点とプロの洗礼を浴びたが、1年目で1軍マウンドを経験した意味は大きい。指揮官も来季に向けて「(先発)ローテーションに入って投げてほしいなと気持ち的にはある。先発として(1年間)回っていけるかどうかは自主トレやキャンプで見極めていきたい」と飛躍を期待している。

 この日は、フェニックス・リーグの阪神戦(都城)に先発。同リーグ2度目の登板で、3度計測した最速150キロの直球主体で攻め、最長6回1安打無失点と快投した。星稜時代の昨夏甲子園決勝・履正社戦以来の対戦となった井上を2打数無安打1三振に抑えるなど、充実の秋を過ごしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月28日のニュース